読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマルライフと暮らしごと

ミニマリストを目指す子育て主婦の毎日をつづります。

やめてみたらお互いにハッピーだったという話

日常の気づき

スポンサーリンク

結婚当初から10年間、ずっと続けてきたお弁当づくり。今年の9月に三女が生まれ、さすがに時間がなくなり、作るのをやめた。

本当は少し落ち着いたら、再開しようと思っていたけれど、なんだかんだと時間が経ち、出産後3ヶ月経った今も再開していない。

だけど、夫からも不満の声は全くなく、むしろ食堂で温かいお昼ご飯が食べられて、嬉しそう。

いい妻になりたかった

結婚当初、「意外とお母さんぽくないんだね」と夫に言われた言葉に、もっといい妻にならなくては、と思っていたのかもしれない。

お弁当づくりは楽しかったけれど、どこか、いい妻(=お弁当を持たせる)になりたくてやっていたところもある。勝手にやめられなくしていたのは自分。

ちょうどアラフィフLIUの絵しごと日記のLIUさんも同じようなことを書いていて、「そうそう!」と頷いてしまった。

▶︎断捨離した本に「なりたかった自分」が見えるんだな! - アラフィフLIUの絵しごと日記

やめてみたらお互いに幸せ

お弁当は持たせるもの、と思いこんでいたけれど、こうしてやめてみても、何も困ることはなく、むしろ朝に少し余裕ができて、お茶を淹れたり、自分の好きなことをする時間が増えた。

なにより、夫もわたしもやめてからの方が幸せになっている。

f:id:yukurinko:20161211155155j:image 

「冷めても美味しいお弁当がいいな」と言われて作ったピタパンサンド。たまのお弁当づくりは楽しい。

やめてみてもいいことは、日常の中にたくさん転がっている

 

自分らしい暮らしの参考にしているのはこちらのトラコミュ(ブログ村)

▶︎ミニマムライフ

▶︎暮らしの選択。 

▶︎ちょうどいい暮らし 

▶︎シンプル・ミニマルライフ 

▶︎暮らしの見直し

人気の記事はこちら

▶︎育児に迷っているあなたにおすすめしたい。【厳選の育児本】8冊。

▶︎【宇津木式】でスキンケアのミニマル化。肌トラブルも減って素肌もきれいに。

▶︎くしゃみをしている、そこのあなたに読んで欲しい。風邪をブロックする4つの方法