読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

もうお弁当作りで慌てない!お弁当作りを楽にする5つのコツ。

スポンサーリンク

こんにちは。夫のお弁当を作り始めて、もうすぐ10年になります。大学生の頃からお弁当は作っていたので、トータルでは15年近くになるでしょうか。お弁当作りに困っていた頃から考えると今では随分楽になったなあと思っています。今日はそんなわたしが心がけている5つのことを紹介します。

パターンを決める

わたしのお弁当はおかずが5種類です。最初から5種類もおかずを考えるのはとても大変でした。だけど今はおかずのパターンが決まっているからそんなに苦労しないで決められます。その5種類とは、

①主菜

例:ピーマン肉詰め 魚のムニエル 豚の生姜焼き ホタテバター焼き など

②青菜 

例:茹でキャベツ 小松菜海苔合えor胡麻和え レタススープ浸し など

③芋など炭水化物系

例:さつま芋レモン煮 かぼちゃ煮 パスタ(ナポリタン)

④⑤さっぱりしたもの or 煮物 or 揚げ物 or 焼き物

例:人参ラペ きんぴらごぼう 野菜素揚げ 椎茸チーズ焼き 出し巻玉子

①〜③は冷蔵庫にあるものと前日との兼ね合いで割と簡単に決まります。時間がないときは①〜③だけでもよしとします。芋系が嫌いな男性には④or⑤からひとつ選べばよいのではないでしょうか。④と⑤は主菜に揚げ物があれば、さっぱりしたものと煮物を選んだり、主菜がちょっと地味かな?という日は揚げ物を入れたりしています。

ある日のお弁当

f:id:yukurinko:20160318174755j:image

パターンに添って①メカジキバター醤油②レタススープ浸し③トマトパスタ④大根と八朔の甘酢和え⑤ひじき豆です。メニューによって少しずつ変わったりもしますが、自分のパターンを決めることで献立作りは随分楽になると思います。

お弁当日記をつける

今はしていませんが、まだ献立が上手に決められないときはお弁当日記をつけていました。困ったときは過去の自分に聞いてみる。結構有効です。

記録を見直すと、この季節はこんなものを食べたとか、これは意外と好評だったとか、この組み合わせはよかったなど、記録は沢山のことを教えてくれます。慣れるまでは記録をつけてみるのはおすすめです。

献立は前日に

朝起きて、さあ何作ろう?と考えていてはやっぱり時間が無駄にかかってしまいます。冷凍のお肉を戻したり、時間がかかるものを後から作り始めてしまったりしては時間に間に合わない。

わたしは前日の夜、布団の中でお弁当の献立を考えるのが日課になっています。「あっ!」と思って冷凍庫からお肉を冷蔵庫に戻しておくこともありますが、あーでもない、こーでもないとお弁当の中身を想像しながら組み合わせを考えるのは結構楽しいものです。

疲れたときは手を抜いて

今日は疲れたなというときは無理におかずを5種類作ることはしていません。おかずを3種類で済ませたり、チャーハン弁当、焼きそば弁当など、単品で済ませてしまうことも。いつもとは全然違うので意外と好評だったりします。また「今日はごめんね〜」と言って社員食堂にお世話になることも、もちろんありです。

一時期お弁当を持たせることに情熱を注いでいましたが、夫は残念ながらそんなに興味がなく、「◯◯美味しかった?」と聞いても、「えっ?そんなの入っていたっけ?」と言う始末。我が家の場合はこちらが疲れているときまで気合いを入れて作るものではないと、やっと悟りました。(メールで感想をくれる旦那さんが羨ましいです笑)

 初めてのものは作らない

ついついメニューが思い浮かばないと、ネットで検索して新しいものに挑戦したくなってしまいます。でもただでさえ忙しい朝に、ネットやスマホを見ながら、時間の見通しの立たない料理を作るのはリスクが高いです。やはり作り慣れたものを作るのが一番です。新しいものは少し時間のある時に一度作っておく方が、安心安全です。
 
 
わたしは一つの箱にご飯やおかずがぎゅっと詰まっているお弁当が大好きです。母が作ってくれたものも、自分で自分のために作るものも、夫のため、子どものためにつくるものも、それぞれに思い出があります。みなさんのお弁当ライフが楽しいものになれば嬉しいです。
 
☆お弁当作りの参考になる記事がたくさん集まっています☆
 

▶︎お弁当、おにぎり 

▶︎毎日のお弁当&夕ごはん 

▶︎もっと心地いい暮らしがしたい!