読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

まだ手放す服があったんだ。隠れていた本当の気持ち。

スポンサーリンク

9枚の服で過ごした今年の冬。でも、タンスの中には一度も着ないカーディガンが1枚残っていたのでした。

yukurinko.hatenablog.com

なんとなく手放すことが出来なくて、でも着ることはなく、宙ぶらりんのまま過ごしてきて、ふと昨日、「あ、あのカーディガン手放そう」という気持ちになったのです。

好きでも似合わないカーディガン

この鮮やかな緑のカーディガン。数年前に中国で購入したものです。その当時は割とビビットな色が好きで、このカーディガンもウキウキで購入しました。

f:id:yukurinko:20170315164611j:image

でも、土地が変われば、気持ちも変わるのか、日本に帰国してからはなんとなく似合わないような気がして、着る頻度がぐっと減りました。

その上、パーソナルカラー診断、骨格診断を受けてみると、全く似合わないとされる色と形。もう手放してもいいはずなのに手放せない。そんな状態が何年も続きました。

▶︎【骨格診断】でクローゼットの断捨離をすすめたい 

▶︎【パーソナルカラー】でクローゼットの断捨離をすすめたい

▶︎【パーソナルカラーと骨格診断】でクローゼットの断捨離をすすめたい 

本音に気づく

手放せなかった理由は、その触り心地。「もう手放そう」と思って、手に取る度に、滑らかな触り心地にうっとりし、「いやいや、こんないいものを手放してはいけない」と思ってきたのでした。(何年着ても毛玉はほとんどできなくて、本当に優秀でした。)

でも、本当は気づいていたんです。もうこのカーディガンがそんなに好きじゃないということに。

だけど、高級感のある手触りに騙されて?「あんまり好きじゃない」という気持ちに気づくことができなかった。そのことに、やっと昨日気がついたのです。

価値は

モノの価値は、値段でも、外からの評価でもなく、本当に自分で決めるものなんだろうなと思います。

だから、自分が好きではなくなった=自分にとって価値がなくなった、ということで、本当はすごくシンプルなこと。

そして、「自分の周りを好きなもので満たしたい。」そういう気持ちに素直になろうと思います。

さいごに

自分の似合うを知るには骨格診断とパーソナルカラー診断が一番でした。この本は手元に置いて、特に買い物に行く前は見返しています。

 

人気の記事はこちら

▶︎2016年買ってよかった!わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎子連れミニマリストの財布事情。イルビゾンテのお財布が使いやすい! 

▶︎【宇津木式】でスキンケアのミニマル化。肌トラブルも減って素肌もきれいに。

わたしの自己紹介はこちら

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹介