ミニマリストやめました

3人姉妹の母。ミニマルな生活に終止符を打ち、好きに暮らしています

サザエさんのカツオに学ぶ、夢を叶える最速の方法

スポンサーリンク

1週間に1時間だけテレビを見ることができる長女。彼女が今選んでいる番組は「サザエさん」と「Eダンスアカデミー」。

日曜日の終わりに家族みんなで夕食を食べながらぼんやりとサザエさんを見ていたら、カツオの夢の叶え方に感動。

人って、こうやって夢って叶えていくんだなって。わたし全然できてないじゃん!ってなんか、カツオに教えられました。

今日はそんなお話です。

夢を口に出す。

2500円のプラモデルが欲しかったカツオ。まずはお父さんにお小遣いの値上げを頼みます。もちろんそれは却下。その後、2500円のローンが組めないか相談してみたり、家族みんなに「欲しい!」ってことを公言してるんですよね。

「何かしてみたいな」「何か欲しいな」って思ったときにすぐ口に出しているかって考えてみると、結構していない。

自分の中で相談して「いやいや〜あり得ないし」とか「こんなこと言ったら引かれそう」とか勝手に判断して、うやむやのまま、なかったことにしてしまったり。

そうやって、自分の中から湧いてきたワクワクを勝手に「なし」にしてしまうのではなく、口に出す、せめて手帖に書いてみる。

思いを言葉にすることが、まずは第一歩目なのかも。

今できることは何でもする

その後「テストで80点を取ったら買ってやる」とお父さんに言われ、頑張ったものの75点。プラモデルは手に入りませんでした。

でも、その代わりに500円をもらったたカツオ。プラモデルの取り置きの期限は迫っていたものの、それはサザエさんが延ばしてくれるように交渉してくれていました。

そして、地道にお手伝いを続け、期限の日の前日に2490円まで貯めました。最後はワカメちゃんが10円をカツオにくれて、めでたくプラモデルを手にしたのです。

これを見ると、すごく当たり前なんですけど、ちゃんと努力してるんですよね。カツオは、今自分ができる最大限のことはしている

結局動かないと何も始まらない。そして動いた分だけ進んでいく

恥を恐れない

お父さんにローンを頼む、2週間の取り置きを頼む、お小遣いの値上げを頼む。どれも、プライドがあったらできないこと。

「お願いする」ってなんでかな、なんか難しいですよね。「察してよ!!」みたいなこと、ありません??ありますよねー。

わたしも夫に「明日の朝は忙しいので洗濯をお願いします。」という、このたった一言が言えずにいました。

でも、言いました。

結果、本当にありがたい毎日になっています。感謝。

 

 

周りが応援してくれる

そして、こうやって、夢を公言して、お願いして、努力している人はなんか助けたくなるんだろうな、と。

で、最初は届かなそうに見えた2500円のプラモデルが手に入っている。そして周りのみんなも助けることができてハッピー。

なんていうか、夢ってこうやって叶えるんだなって。本当教えられました。

で、わたしの夢は?

ここまで書いて、終わりにしてもいいんですが、せっかく?なのでわたしの夢を。

わたしは、自分が自分を生きていったら豊かになれるということを体現していきたいのです。で、今はその実験中です。

スカイプお茶会を2回終えて、とても楽しかったし、充実してたし、もっとたくさんやってみたいなと思いました。

今のわたしにできることはブログを書くことと、人とお話していくこと。美味しいお菓子を作ること。そんな風に思っています。

10月のお茶会もまた募集します。ぜひ、よろしくお願いします。

もうわたしはミニマリスト?ではないかもしれないけど、こちらのトラコミュ(ブログ村)も。

ミニマムライフ 

すっきり暮らす 

捨てても、大丈夫だったもの。 

毎日をつくるもの 

ちょうどいい暮らし 

人気の記事はこちら

▶︎2016年買ってよかった!わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎子連れミニマリストの財布事情。イルビゾンテのお財布が使いやすい! 

わたしの自己紹介はこちら

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹介 

ゆくりとお話ししてみたい方はぜひこちらへ!

▶︎【募集中】ゆくりとゆっくりお茶会を開催します!(9月29日金曜日)