読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマルライフと暮らしごと

ミニマリストを目指す子育て主婦の毎日をつづります。

【パーソナルカラー】でクローゼットの断捨離をすすめたい

スポンサーリンク

実際に診断を受けてみる

こちらの中国地方はまだまだパーソナルカラーと骨格診断を気軽に受けられるところはなく、県外まで足をのばし、個人でされている方のところへ受けに行ってきました。

料金はパーソナルカラー+骨格診断、約4時間で15000円。じっくりと見てもらえたのでとても満足のいく値段でした。

まずはパーソナルカラーから

パーソナルカラー診断は実際に何枚ものドレープをあててもらい見ていきます。

やはりスプリングの色を当てたときは、パッと顔の色が明るく見えたり、目がぱちっと見えました。

逆にウィンターのドレープを当てると色に負けていると感じられたり、オータムのドレープはとても老けて、サマーのドレープは寂しい感じに見えました。

骨格診断は書籍を元になんとなく分かったのですが、パーソナルカラーはやはりプロに見てもらう方が確実だと感じました。スプリングの色の中でも、特に似合う色や微妙な色があることも分かりました。

ちなみに、わたしはパステルカラーが得意。ベースになる色も教えてもらったので、明るめのネイビーやキャメル、ベージュをメインにすると落ち着きそう。

f:id:yukurinko:20160117103239j:plain

メイクにも

メイクが苦手で、普段はほとんどノーメイクのわたしですが、オレンジっぽいチークをつけてもらったら、素人目でもぱっと顔が明るくなりびっくり!

チークだけでもつけた方がいいのではとアドバイスいただき、今年はチークをしようと心に決め今探し中です。これは意外な収穫でした。

断捨離は進んだか

どうしようか迷っていた服があったので、見てもらいました。カラー的にも骨格診断的にもイマイチということで(オーダーだったのに泣)処分する決心がつきました。

また、家族や知人から受けがよかった服はやはりパーソナルカラー的にも◎だったりして、他人の方が自分よりも似合う色がよく分かっているかもしれないと感じました。

もしパーソナルカラーを受けられない場合は周りの人に聞いてみるのも手だと思います。

自己診断のときに参考にしたのはこちらの本です。骨格診断とパーソナルカラーについては一通り分かります。ウェーブタイプに似合う袖やスカートの形など詳しくて嬉しい。

骨格診断®とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則

骨格診断®とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則

 

 

参考になるトラコミュです。

▶︎少ない服で着回す 

▶︎持たない暮らし