ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

モノを手放すときの気持ち。メルカリやめました。そして、それをゴミ箱にいれるのかということ。

スポンサーリンク

この1年半くらいで、いろいろなモノを手放してきた。

最初の頃はメルカリにも出してみたり、代行オークションも利用してみたり、いらなくなったものがお金に換わるのが嬉しかった。そして、いらないものを受け取ってもらえるのが楽しかったし、新鮮だった。

だけど、だんだんそれも、正直面倒になってきて、わたしは本当はどうしたいのかなって、最近改めて考えているところ。

今日は、今感じているモノを手放すことについて書いてみます。

着なくなった服の行き先

服を例にとってみて、捨て先を考えてみたら、以下の通りだった。

①メルカリで売る

②オークションに出す

③ブランド買い取りに出す

④1円/1gの買い取りに持っていく

⑤古着回収(地域のやつ)に出す

⑥古布にする

⑦ゴミ箱に直接捨てる

本当は一番早い方法をとりたい

f:id:yukurinko:20160219174918j:image 

①〜③はもう面倒だからしていない。

④は車で10分くらいのところにあるから、ときどき利用する。

⑤ウールはダメだったり制限があって意外と面倒で出していない。

⑥ボロ布も、実はたくさんあるんだよね。思ったほど減らないし。

⑦本当はこれが一番早いことが、分かっている。だけど、気持ちの整理がつかなくて、一番できないことだったりする。

わたしは何を取りたいのか

わたしが欲しいのは、片付いた部屋で、好きなものに囲まれた中で、自分のしたいことを100%している生活。

今は、その過渡期にいて、理想の生活に近づけている最中。100%理想の自分がどうしているのかな?って考えてみると、欲しくないものは家に入れていないし、あってもすぐに手放している(気がする)。

そして、そこに最短距離でいけるのは、⑦のゴミ箱に直結なんだろうなって思う。

それで、いただき物の子供用の靴下とレギンスを新品のまま丁寧に紙で包んで、ゴミ箱に捨ててみました。とてもざわざわしています。

そんな人の参考になるトラコミュ(ブログ村)はこちら。

▶︎っきり暮らす 

▶︎毎日をつくるもの 

▶︎捨てても、大丈夫だったもの 

▶︎ちょうどいい暮らし 

▶︎ミニマムライフ 

人気の記事はこちら

▶︎2016年買ってよかった!わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎子連れミニマリストの財布事情。イルビゾンテのお財布が使いやすい! 

▶︎【宇津木式】でスキンケアのミニマル化。肌トラブルも減って素肌もきれいに。

わたしの自己紹介はこちら

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹介