ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

「仕組み」整理術で雑多な主婦の日常をシステム化。わたしが始めた3つのこと。

スポンサーリンク

ミニマリストブロガーめぐさんおすすめの「仕組み」仕事術の著書、泉正人さんの仕組み整理術という本を読み終わりました。

ビジネスマンが仕事を進めていく上でのヒントに詰まった本ですが、わたしはむしろ、雑多な用事が多い主婦こそ、「仕組み」整理術活かしたらいいと思いました。そこで、この本を読んでわたしが始めてみた家事のシステム化について今日は書いてみたいと思います。

 

迷う家事はルーチン化

定期的なタスクを設定する

仕事の中には、毎週、毎月行うようなルーチンワークがかなりあります。ルーチンワークのタスクを毎回設定しては面倒です。

このような箇所があります。これを主婦業に置き換えられないかと考えて、始めてみたのが家事のルーチン化。

先日、家事の仕組みづくりという記事にも書きましが、わたしは、月曜日〜金曜日に掃除する場所を決めてみました。

わたしは、玄関を見る度に「水拭きしなきゃ」と思っていたのですが、月曜日は玄関の水拭きをする、と決めたことで、掃除の脅迫観念から逃れることができ、玄関をみる度に、何度も同じことを考えなくて済むようになりました。

買い物の曜日を決めて、無駄な買い物をしない

わたしは、グリーンコープという生協を利用しています。月曜日が宅配日なのですが、以前は、この日にまとめ買いというスタイルをとっていました。でも、1週間分には微妙に足りないし、追加分をいろんなお店で買い、気づいたら予算オーバーなんてことも。

そこで、買い物は、宅配日(月曜日)+木曜日 or 金曜日。つまり買い物は基本週に2回、にしたところ、かなりいい感じ。冷蔵庫にも予算にもゆとりが出てきました。

TODOリストで頭の中をスッキリさせる

細かい用事は挙げてみると実にたくさんあります。それを何かに書きとどめておかなかった場合、自らの「記憶力」に頼ることになります。(省略)何かの拍子に「あ、あれやらなきゃ」と思い出して一瞬、思考の邪魔をします。

わたしが、上記に書いてあるような、全くその通りの状態で、「銀行に行かないと」「メールの返信しないと」と「◯◯しないと」に結構追われていました。 追われて、結果やり遂げればまだいいのですが、忘れてしまって誰かに迷惑をかけることも。

毎朝、モーニングページを書いているのですが、その時に用事を思い出すことが多いので、それをTODOリストにまとめてみることにしました。

TODOリストをつけ始めたことで、朝に1日の用事が整理され、1日を快適に始められるように。書き留めると、頭の中に覚えておかなくていいので、その分頭の中に余裕ができるような気がします。

まとめ 

日常をシステム化するために始めたことは

・迷う掃除はルーチン化。掃除のし忘れを防ぐ。

買い物は1週間に2回で、冷蔵庫と予算にゆとりを。

TODOリストを作成して頭の中をすっきりさせる。

まだまだ、どれも始めたばかりなので、改善点など出てくる気がします。また、1ヶ月の買い物リスト、もっと楽に家計簿をつける方法など、いろいろ考え中です。また結果が出たらこちらで書きたいと思います! 70MIN

 

人気の記事はこちら

▶︎上半期買ってよかった!キッチン・水周り雑貨5選。

▶︎育児に迷っているあなたにおすすめしたい。リアルな子育て中の母、厳選の育児本8冊。

▶︎スーパー主婦、友の会の【井田典子さん】のお話を聞いてきた