読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

【出産体験記】3人目でも予想外のことが起こるもの(前編)

スポンサーリンク

先月、3人目の子どもを出産し、6週間が経ちました。先日の出産報告の記事に、たくさんの方があたたかいコメントをくださり、とっても嬉しかったです。本当にありがとうございます。赤ちゃんもわたしも元気に過ごしています。

まだまだ夜中の授乳も多く、日中もなんだかぼ〜としていたり、赤ちゃんのお世話に追われていますが、時間を見つけて少しずつブログを書いていければと思っています。

今日から少しずつ、今回の出産で体験したり、感じたことを何回かに分けて書いていこうと思います。ミニマリスト関連で見に来てくださった方には全然関係のない記事になってしまうかもしれませんが、お許しください。

出産のはじまり

今回の出産は破水から始まりました。予定日より3週間早い日曜日の朝、なんとなく破水っぽいかも?と思いつつ、妊娠期最後の日帰りお出かけを計画していたため、強行出発。打ち立てのお蕎や高台からの景色を楽しみ、無事に帰宅したものの、水は少しずつ漏れ続けたまま。

夜になり、さすがにと思い、病院に電話して事情を説明すると「それは破水ですね。すぐに入院の準備をして来てください!」と言われ、まだまだと思っていた出産が急に身近なものに。お腹の張りは少々あるものの、陣痛らしきものは全くなく、正直出産の気分になれないまま、病院に向かいました。

破水してもはじまらない陣痛

上の2人は陣痛から始まり、破水は最後の最後。破水から始まる出産がどういうものかあまり分かっていませんでした。

破水すると間もなく陣痛が始まり、お産になるのが一般的な流れ。しかし私の場合、破水はしたものの、陣痛は始まらず。先生によると、破水してしまうと感染の危険性が高まるため、待てるのは長くても48時間。このまま陣痛がなければ、陣痛促進剤を使い、強制的に陣痛を起こし、お産に進めるとのことでした。

医療に頼らない、できるだけ自然な形での出産を望んでいたので、正直、促進剤の使用は頭にはなく、焦りました。そこからは、ひたすら歩いたり、ハイハイをしたりして陣痛が来るのを待ちました。

赤ちゃんの状態が良かったこと、お産の兆候があること、先生の理解もあり、最終的には3日待ってもらい、4日目の朝に出産に至りました。

子どもは生まれる時間を知っている

「3人目だからあっという間よ」といろんな助産師さんに言われつつも、なかなか始まらない陣痛。

痛みが来るのが待ち遠しくて仕方のない時間が経つ中、4日目明け方にわたしはふっと赤ちゃんに聞いてみたのです。「きみはいつ生まれてくるつもりなの?」と。

すると、お腹の中の赤ちゃんは「先生が出勤してくる9時くらいに生まれるよ。6時くらいから痛くなるからね。」と答えてくれました。

明け方はまだまだ微弱陣痛。そのときは「まさかね〜まだまだ、時間かかりそうだし。」と思っていたのですが。。。

(後編につづきます)