ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

夫のお小遣いはいくら?お金の先生はずっと身近にいるのかもしれない。

スポンサーリンク

夫のお小遣いはありません

結論から言うと、夫のお小遣いはありません。これ、わたしにとっては結婚当初からずーとそうで、全然違和感がないのですが、どうも巷では違うらしいということに最近気づきました。

というのも「神社ミッション」ならぬ、「夫ミッション」というのがあるということを最近知ったからです。(「神社ミッション」とはお賽銭箱に1万円を入れるというもの。「夫ミッション」とは夫に10万円渡して、好きなもの買っていいよーということみたい。)

 

婦人之友社の家計簿にも「職業費」という、夫のお小遣いの欄があります。今まで一応予算をたててきたけれど、実際はあまり機能していませんでした。

f:id:yukurinko:20160830153728j:plain

好きなだけ使っていいにしても

夫は、おこづかいというものがないので、好きなときに好きなものを買っています。ギャンブルの趣味もなく、ゲームの興味もないので、買うといえば、雑誌とか本とか、スポーツ関係のものとか、毎日のおやつとか、友達との飲み会とかそんなところ。(楽天マガジンを契約したら、雑誌も最近買わなくなりました)

▶︎【楽天マガジン】がお得過ぎる。1ヶ月試してみて継続を決めました。

夫が家計簿をつけてくれるので、何に使っているか分かりますが、本当に地味です笑。「別に俺が稼いできた金なんだから、自由に使ってもいいだろ!」的な感じでもなく、わが家のお金はみんなのものって感じです。

夫に聞いてみた

わたし「おこづかい制度ってどう?」

夫「よぉ、わらかん。」

わたし「なんで?」

夫「だって、お小遣いを渡されても、使うときは使うし。それに、へそくりとして貯めておくのもおかしいしねぇ。」

f:id:yukurinko:20160830153728j:plain

とのこと。なんだかこの人、わたしよりずっとお金に対して自由な気がする。お金の先生は身近にいたのかもしれません。

お金に関してはこんな記事も書いています。

▶︎予算のある家計簿をやめて1ヶ月。「ない」より「ある」を前提にする暮らし。 

▶︎寝る前のたったひとつの習慣で、お金を使うことが楽しくなってきました。 

お金のことはこの本がとても参考になっています。

 

人気の記事はこちら

▶︎2016年買ってよかった!わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎育児に迷っているあなたにおすすめしたい。【厳選の育児本】8冊。

▶︎子連れミニマリストの財布事情。イルビゾンテのお財布が使いやすい! 

▶︎【宇津木式】でスキンケアのミニマル化。肌トラブルも減って素肌もきれいに。

わたしの自己紹介はこちら

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹介