ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

春休みも旅行はナシ。小学生の子どもとしたい3つのこと

スポンサーリンク

こんにちは。3月に入り春休みも近づいてきましたね。給食も残りあと数回。小学生の娘と春休みにしてみたいことを今日は記事にしたいと思います。

 去年のものを片付ける

学年末になるので、その年に溜まったものを片付けるのはいつものこと。だけど、意外に片付かないことを去年の3月に実感しました。時間がまだあまり経過していない物は、思い入れも深く捨てにくいらしい。もしかして見直すかも、という心配もあったりするようです。その判断は本人に任せているので、基本的にわたしは口出しはしません(あまりにも多すぎたら言いますが、本人も片付け慣れてきたので割と大丈夫です)。

だけど先日、保育園時代のものを整理してみたら「これ、もういいや」というものが意外と多かったのです。「何この手紙〜何かいてあるかわかんなーい」と仲が良かった友達からの手紙もポイッ。親のこちらが驚くほどでした。そのときに、子どもは時間が経つと捨てられるものがかなり増えることを実感。3月で2年生が終わりますが、むしろ1年生のときのものを中心に見直して、すっきりさせたいです。ちなみにテストは100点のものは即紙ゴミに、間違ったものはその部分を切り取ってクロッキー帳に貼って「わからん帳」としてまとめています。

一緒におやつ作り

f:id:yukurinko:20160308174804j:image

我が家には庭があり、タンポポ、つくし、ヨモギ、ミツバ、フキノトウなどの野草が生えています。子どもたちは庭で遊ぶのが大好き。春休みは一緒に野草を摘んで、おやつを作る予定です。候補はたんぽぽケーキとよもぎ餅。たんぽぽケーキはホットケーキミックスのようなものにたんぽぽを混ぜて焼くだけ。味はほとんどしませんが、見た目が可愛いし、自分で摘んだものが料理になるとやっぱり楽しい。よもぎ餅はこちらのレシピを参考に昨年も作りました。あんこを準備したり、ちょっと手間はかかるけど、春らしい香りに「作ってよかった〜」と家族みんなで美味しく食べました。ヨモギはそれなりの量がいるので、実は自分ひとりで摘むのはちょっと大変。子どもに手伝ってもらえば遊びもかねて楽しくできるのがいいところです。

www.snack-recipe.com

 

娘と夫と3人で過ごす時間を持つ

先日の夫の誕生日、平日に休みがとれたので、2歳の娘を連れて3人でランチにいきました。4人で過ごす以外、普段は「夫+長女」「わたし+次女」という組み合わせが多く、どちらかの親に子どもが1人というのが普通でした。今まで夫とわたしと次女の3人で過ごすことはほとんどなかったので、なんだか新鮮でとてもいい時間になりました。そしてちょうどその次の日、夫と長女で出掛けたときに「お父さんとお母さんと3人で出掛けるなんて、これから先、できないんだろうな〜」と長女がぼそっとつぶやいていたと夫から聞きました。6歳までは一人っ子だった長女ですから、3人の時間を一番長く過ごしているとはいえ、やっぱり親子3人で過ごしたい気持ちもあるんだなぁと長女の寂しさに気がつきました。春休みは夫の実家に帰省する予定があるので、上手く時間を使って3人の時間がとりたいと思っています。

 

長い休みの中では一番過ごしやすい春休み。出掛ける予定は夫の実家に帰省するくらいです。あとは家の周りで過ごすだけですが、身の回りを整えたり、身近なことで楽しんだり充実した時間になるといいなと思っています。

 

参考になるトラコミュ

▶︎子育てを楽しもう♪ 

▶︎笑顔になれる子育て

▶︎小学生ママの日記

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
ランキングに参加しています。