ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

小学生の長女の借りてきた本にハマった2日間。大事にしたい気持ちに気づく。

スポンサーリンク

長女が学校の図書館から借りてきた本を「こんなの懐かしいな〜」と思いながら、パラパラと読んでいたら、ハマってしまって笑、そのまま1冊読みきってしまった(しかも続きを催促している母)。

いわゆる高校生の恋愛ものなんだけど、大人の私にも響く箇所があってね。こういう気持ちをちゃんと今でも大事にしてあげたいなって。なんだかとてもためになりました。

f:id:yukurinko:20170704231046j:image

中学生の頃、いじめられていた友人の言葉

嫌うなら、いくらでも嫌えばいい。わたし、もう誰にも止まれって言われても止まらない。わたしは、わたしの信じる道を行く!

大学の先輩からの言葉

だから、目標になかなか到達できなくても、あせらないこと。長く努力できること。途中の下手な自分も、上手くなるまでには必要な過程だ、と考えること。だから、そこに至るまでの、ひとつひとつのステップをおろそかにしないこと。

おじいちゃんからの言葉

やりたいことはやればいいし、会いたい人には会えばいい。三日坊主でもいいじゃないか。なにもやらないより、三日分、経験が増えてるんだから。

どの言葉も、今のわたしには結構ぐっときて、いいこと言うよみんな!って思ってしまったのです。

わたしは、もう、わたしの道を行くしかないと、そんなことを、強く静かに思う最近、心は高校生に近いのだろうか?

そんなときに出会ったこれらの言葉。こんな言葉にぐっとくるっていうのは、全然自分は大人じゃないなあって。まあそれもまたよし、です。

最近、読むのは実用書ばかりだったけど、久しぶりに小説とかもいいですね。

身の回りをスッキリさせて、本当に大事にしたいものを大事にできる生活をしたいな。参考になるトラコミュ(ブログ村)はこちら。

▶︎っきり暮らす 

▶︎毎日をつくるもの 

▶︎捨てても、大丈夫だったもの 

▶︎ちょうどいい暮らし 

▶︎ミニマムライフ 

人気の記事はこちら

▶︎2016年買ってよかった!わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎子連れミニマリストの財布事情。イルビゾンテのお財布が使いやすい! 

▶︎【宇津木式】でスキンケアのミニマル化。肌トラブルも減って素肌もきれいに。

わたしの自己紹介はこちら

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹介