ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

何かに遠慮して捨てられない。でもそれは全て幻想でした。

スポンサーリンク

 

年末だし、あまり使っていないものをそろそろ捨てようと思った。半年間、使わずに過ごしてみて、全く問題はなかった。

もういいはずだと思うのに、なぜか踏ん切りがつかない。

f:id:yukurinko:20161223150605j:plain

 

「1年間使わなかったものは一生使わない」よく聞く言葉。全くその通りだと思う。なのになぜ、あと一歩が踏み出せない。

気づいたのは、誰かに遠慮しているということ。これを捨てたら、「だからあのとき捨てるなって言ったでしょ。」と言われるんじゃないか、そんなことを恐れていた。

だけど、よく考えてみる。何かを捨てて責められたことあったっけ?いや、一度もない。捨ててみて、後悔したこと、あったっけ?いや、一度もない。

捨ててしまったものについては、意外なくらい覚えていない。手放してみて、誰かに責められたり、後悔したことも、思い出す限り一度もない。

捨てたら誰かに責められるというのは、自分が作り出した幻想。そのことに気づいたら、モノを手放すのが少し怖くなくなりました。

自分らしい暮らしの参考にしているのはこちらのトラコミュ(ブログ村)

▶︎ミニマムライフ

▶︎暮らしの選択。 

▶︎ちょうどいい暮らし 

▶︎シンプル・ミニマルライフ 

▶︎暮らしの見直し

人気の記事はこちら

▶︎2016年わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎【宇津木式】でスキンケアのミニマル化。肌トラブルも減って素肌もきれいに。

▶︎くしゃみをしている、そこのあなたに読んで欲しい。風邪をブロックする4つの方法。