読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

掃除道具が手でもいい。わざわざ難しいこと選んでいませんか。

スポンサーリンク

食事の後、次女がこぼした食べかす。掃除機を出すのも、箒を出すのも面倒で、手で拾って、掃除をしていた。

あまり格好良くないし、もっとちゃんと掃除しなきゃと、ずっと思っていた。

手は立派な掃除道具

だけど、最近読んだクラタマキコさんの本に、掃除道具は「ほうき、雑巾、手」と書いてあって、なんだ!手でもいいんだ、それを公言してもいいんだと救われた。

手でゴミを集めて、拾って捨てる。これだって、わたしにとっては立派な掃除。

f:id:yukurinko:20161227143141j:plain

薪ストーブの掃除にはほうきとちりとりが便利です。

便利な道具は買ってもいい

ナチュラルな暮らしならと、箒とちりとりを買ってみたけれど、一軒家で5人家族のわが家では、使いこなせなかった。

後ろめたさを感じつつ、思い切ってマキタのハンディークリーナーを買ってみたら、掃除をするのが少しだけ楽になった。

掃除機を持っているのに、新しく掃除機を買うことに罪悪感があったけれど、買ってみれば、もっと早く買えばよかったと、道具の威力にびっくりした。

自分に合うやり方が一番いい

手で掃除すること(どれだけズボラなんだ。。。)は世間とずれてるような気がして、恥ずかしかったし、便利な道具を買うことも、どこか罪悪感があったけど、一番大事なのは掃除したいと思ったときに、自分が使いやすい道具が近くにあること。

つい、難しいこと、大変な方を選んで、それを乗り越えることに喜びを感じてしまったりするわたし。もっと楽していいんだと最近は気をつけている。

 

自分らしい暮らしの参考にしているのはこちらのトラコミュ(ブログ村)

▶︎ミニマムライフ

▶︎暮らしの選択。 

▶︎ちょうどいい暮らし 

▶︎シンプル・ミニマルライフ 

▶︎暮らしの見直し

人気の記事はこちら

▶︎2016年わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎【宇津木式】でスキンケアのミニマル化。肌トラブルも減って素肌もきれいに。

▶︎くしゃみをしている、そこのあなたに読んで欲しい。風邪をブロックする4つの方法。