ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

「断捨離できないんだよね〜」という質問に答えてみます。

スポンサーリンク

お久しぶりの更新です。元気でやっています。

 

昨日の長女の参観日、左右の靴下を違うものを履いていってしまいました。誰かにバレてたかな(汗)

 

本題に入ります。先日友人と話していて「断捨離したいと思うんだけど、できないんだよね〜」と相談?されました。そのとき、上手く答えられなかった気がして、そのあとなんとなく気になっていて。今日はその質問に答えてみたいと思います。

f:id:yukurinko:20181114211650j:image

お散歩中。秋は楽しいですな。

なぜ断捨離できないのか聞いてみたら、

・捨ててしまったら着る服がなくなってしまいそう。

・実際思いきって断捨離した友人が着る服がなくなったと言っていた(から、やっぱり思いきって捨てるのが怖い)

・収納のところにぎっしり詰まっているのが好き(と言っていたと思う)

・子ども服はいろいろあっておしゃれが楽しめている(要約すると)

こんな感じだったと思います。

 

そのときは、

「片付けることがゴールになってしまうと、どうしてもそれは叶いにくいと思う」

→片づけた先にどんな暮らしがしたいとか、そういう願いがある方が叶いやすい

 願いの叶え方から見た断捨離のやり方

「一時置きの場所を作って、使わなければそれは捨ててもいいものでは?」

→具体的な片付けのやり方

とか話していたんだけど。

話しながら、わたしの中で違和感みたいのがずーっとあって。それってなんなんだろう?ってその後ずっと考えていたんです。

 

で、帰ってきて思ったのが、友人は

「断捨離できない」ではなくて「断捨離したくない」だったんだろうなって。

 

できないことの多く、それは「◯◯できない」ではなくって、本当は「◯◯したくない」なんだよね。

前の記事

▶︎わざわざ自分から苦しみを見に行っていると気づいてしまった話 

この記事の中に出てくるわたしも「忘れることができない」じゃなくて、本当は「忘れたくなかった」の。

 

だから、まずは自分がそうしたくてしていること。そのことを自覚してみること。

そうしたら、なんでわたしは「断捨離したくないんだろう?」って自分に聞いてみたくなると思う。

その理由をいくつかノートに書いてみて欲しいと思います。

次回は、その出てきた理由の見かたについて書きたいと思います。