読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマルライフと暮らしごと

ミニマリストを目指す子育て主婦の毎日をつづります。

【お知らせ】中国新聞に掲載されました。

暮らし 日常の気づき

スポンサーリンク

実は1週間ほど前、中国新聞のくらし面に地方在住のミニマリストとして、掲載していただきました。(ちなみに、地元紙ではありません。)今日はその紹介と、新聞掲載に当たって思ったことを書きたいと思います。

f:id:yukurinko:20160614172138j:image

取材を受けてみて

今回の取材に当たっては、ミニマリストブロガーのメグさんが間に入っていただき、つながりを得ることができました。(メグさん、ありがとうございました。)
f:id:yukurinko:20160614172148j:image

 何度かの電話取材、メールで写真のやり取りを通して最終的に一度自宅を見ていただくことになりました。ミニマリストと名乗ってはいるものの、まだまだ片付けの必要な箇所はたくさんあるわが家。がっかりされないかと思いましたが、地方で家族がいながらミニマルな生活を目指していくという考えに共感してくださり、無事掲載となりました。

人と話すことで整理できる

ブログやツイッターでは、ミニマルライフに関心がある方との交流はありますが、実際の生活では、そういった話をすることはありません。

だからなのか、こうして実際に「どうしてミニマリストになろうと思ったのか?」「モノを減らしてみてよかったことは?」など質問されると、改めて考え直したり、自分の口から出た言葉に自分でなるほどと思ったり、逆に腑に落ちていないことが明確になったりと、色々な発見がありました。

以前も実際に人と会うことの、情報量の多さや、得るものの大きさにハッとしましたが、今回もやっぱり、実際に会って話すよさを実感したのでした。

▶︎ヒビノケイコさんに会ってきた!わたしのぽっちりを実現するために実践したい2つのこと。

▶︎ミニマリストはこんな人!【すみれの壺】の青野すみれさんにお会いしました。  

ブログってすごいな

しかし、今回のこの出会い、ブログを始めていなかったら、全く縁のなかった話。しかも取材してくださった方は、ブログを読んでくださり、こちらの思うことを事前に十分理解してくださっている印象を受けました。

ブログを始めてもうすぐ半年、自分の身の回りの整理も進み、やりたいことも少しずつ実現。ちょっとだけど新聞にも掲載されて、なんだか不思議な気分です。

情報を得るだけじゃなくて、行動を起こして、継続していくこと。当たり前のことだけど、自分で動いてみて色々なことが、動いていることを感じます。波の中にいることは、しんどいこともあるけど、やっぱ楽しい!改めてそんな気持ちになった今回の出来事でした。

この記事を書いているわたしの自己紹介です。

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹介。

お部屋も公開しています。

▶︎【公開】小さく、低く、茶室のように。何もないミニマリストの寝室

▶︎【公開】発展途上の我が家のリビング。モノを少なくしたら家族が片付けるようになってきた! 

▶︎【公開】トイレブラシもトイレマットもない我が家のトイレ