ミニマリストやめました

3人姉妹の母。ミニマルな生活に終止符を打ち、好きに暮らしています

どんな感情も感じていい

スポンサーリンク

先日、久しぶり(なんと20年以上ぶり!)にライブのチケットの予約をしました。

S席とSS席があり、どっちにしようか迷った挙げ句、S席に決めました。

でも、予約して、車に乗って出かけてる間に、

「やっぱりSS席にすればよかったかも。。。」って思いが湧いて来てしまったんです。

f:id:yukurinko:20170929221613j:plain

欲望にはまっすぐに

その後の頭の中はこんな感じ。

 「やっぱりSS席にすればよかったかなぁ。。。」

「でもさ、SS席はもし行けなくなったときに手続きが面倒だよ。(SS席は本人確認や、家族証明のようなものがいるのです)」

「S席だって、良い席かもしれないじゃん。」

「ホールだって小さいしS席でも十分観れるんじゃない?」

「SS席はS席より5000円も高いんだよ。そこまで出さなくてもよかったんじゃない。」

などなど「S席で問題ない!」みたいな声がいっぱい聞こえてくるんですよね。

 

で、なんでこんな言い訳っぽいのがいっぱい出てくるかというと、

「やっぱりSS席にすればよかった!くやしい!!!」

っていう気持ちを感じたくないからだな〜って。

 

なんで「くやしい!!」って気持ちを感じたくないかというと、

「くやしい!!」っていう気持ちはダメなものとしているから。

悔しい、辛い、しんどい、悲しい、、、、

たくさんのこういうマイナスの気持ちはできれば感じたくない。見たくない。

 

でも、本当は、どの感情も同じ価値で、どれがいいとか悪いとかない。

だからどんな感情を感じても大丈夫。

悔しい気持ち

悲しい気持ち

辛い気持ち

しんどいなという気持ち

どの感情もごまかさず、ちゃんと味わって大丈夫。

だって、わたしの幸せには差し支えないから。

 

ちょっと心が動いたとき、

本当は「イラっ」ってしなかった?

本当は「ムカっ」ってしなかった?

本当は「残念」って思わなかった?

 

全部ちゃんと自分が分かってあげる。わたしだけでも分かってあげる。

そしたら他人に求めなくても、大丈夫になる。

それが本当のご自愛なんじゃないかな。

 

ということで、SS席にすればよかった。残念!!

次に機会があれば、SS席を予約するからね。