ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

「負けた気がする」こういうゲームはもう抜けようと思う

スポンサーリンク

「本当の本当の願いは何?」

最近わたしがモヤモヤしたときに、自分に聞いてみる言葉です。

相手がいいと思うものと、自分がいいと思うものが違っていて、どちらも譲れないっていう状況、ありませんか?

実は今まさに、そんな状況に直面していて、そこでの気づきを今日はシェアします。

本当に願いたいことは何?

相手がいいと思うものと、わたしがいいと思うものが違う。相手によさを分かってもらいたいけど、分かってはくれそうにない。

こういう平行線の悩みのとき、相手のあそこが悪いだの、なんでそんな風にしか思えないだの、いろいろ文句をつけてみたりして、結局は止まっちゃう。

でも、今回は、ちょっと違っていて、散々上のことを書き散らかした(!笑)あとに、もし、相手がそれを分かってくれたとして、その先にわたしが本当に得たいものって、なんだろう?って考えたとき、「ただただ、みんなと楽しく、気持ちよくやりたい」って出てきたんです。

そうしたら「相手によさを分かってもらう」ということ自体は、まあ分かってもらえたら嬉しいけど、叶わなくてもいい。

つまり、問題としていたところの、執着がある意味とれてしまったような感じになって。意外なくらい「相手に分かってもらう」とうことがどっちでもよくなってしまった。

願いの先を見てみたら、今までルートにこだわりすぎていたのかもしれないなって。

もちろん、どうしたらいいかは全然分かんないんだけど(笑)、わたしは「たただた、みんなと楽しく気持ちよくやりたい」っていう自分の願いが見えてなんか安心したというか。

そして、それなら叶う気がするなってなんか思えた。不思議ですけど。

f:id:yukurinko:20180607214724j:image

負けた気がするっていう気持ち

でも、もし「みんなと楽しく気持ちよくやりたい」という願いが叶う過程で、「相手がいいと思うものを認める」ことになったとしたら、どう?って聞いてみたら、「負けた気がする」って出てきました。

 

願いが叶うのに「負けた気がする」って思ってるんだーってちょっとびっくりして。

 

つまり、わたしがいいと思うものを認めさせたら「勝ち」で相手のいいと思うものを認めたら「負け」って思ってるってことだなと。

これ、楽しいんだろうか?わたしが得たいものって「勝つ」ことなんだろうか??

勝ち負けの世界を抜ける

と改めて問うたときに、 違う。欲しいものは「勝つ」ことではない。

本当に欲しいものは「ただただ、みんなと楽しく気持ちよくしたい」ってこと。じゃあ、勝っても負けてもどっちでもいい。

好みとして◯◯が好き、はあるけれど、それじゃなくてもよくなってしまったというか。

「勝ち負けの世界から抜ける」ってたぶんこういうことなのかなって。

これからどうなるんだろう

この件についての結論は今現在まだ出ていません。そして、どうしたら本当の願いが叶うのかも全然!分かりません。

でも、なんかね、「どうなっても幸せ」「どうなっても素晴らしい人生」というベースがあると、あるからこそ、願いが叶っていくのかなという気もしています。

モヤモヤしたとき、「本当の願いはなに?」って聞いてみてくださいね。