読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

【瀬戸内国際芸術祭2016】のんびり散策しながらアートに触れる。ゆったり島時間を楽しむ、犬島の旅。

スポンサーリンク

05−

現在開催中の瀬戸内国際芸術祭 20163年に一度開催されるこの国際芸術祭。春、夏、秋の3シーズン、瀬戸内海に浮かぶ14の島々を会場に、アート作品、プロジェクトがたくさん展開されています。

その中でも今回、わたしが訪れたのは犬島。岡山市の宝伝港からフェリーで約8分のとても小さな島会場。けれども、ゆったりとした島時間と、素敵なアートをのんびり楽しむことができる、素敵な場所でした。徒歩で回ることができるので、家族連れにもおすすめです。

宝伝港〜犬島まで

f:id:yukurinko:20160820140617j:image

岡山市の宝伝港から犬島までの定期船は1日に多くて8本。時間は事前に調べておくことをおすすめします。わたしたちが乗った、8:00の便は人も少なくとても快適でした。(8:00の次は11:00です。)

宝伝港には公共交通機関を使って行く方法と、自家用車で行く方法があります。わたしたちは車で行き、宝伝港まで歩いて5分の市営駐車場(500円/日)にとめました。

f:id:yukurinko:20160820140630j:image

犬島精錬所の煙突が目印。犬島が前方に見えてきました。フェリーに子どもたちは興奮!

f:id:yukurinko:20160820140520j:image

港に着くと迎えてくれるのは、黒い建物の犬島チケットセンター。鑑賞チケットは2,060円(犬島の全てのアート作品が見られます。)

犬島を歩いてみる

f:id:yukurinko:20160820140814j:image

こちらは犬島精錬所美術館。チケットセンターから徒歩10分程度のところにあります。実はこの日は休館日(泣)。残念ながら中には入れなかったので、中をじっくり見るのは次回のお楽しみとします。(定休日は火曜ですが、変わることもあるので、事前にHPでチェックしていくことをおすすめします。)

f:id:yukurinko:20160820140645j:image

海辺へ向かいます。

f:id:yukurinko:20160820140709j:image

ただの路地の風景も素敵。

f:id:yukurinko:20160820140544j:image

と、路地の中に突如現れるアート作品。

このように島内には、いくつもの現代アートが点在しています。小さな島なので、ほんの数時間あれば、徒歩で全ての作品を見ることができるのも魅力

f:id:yukurinko:20160820140454j:image

海に向かう途中では、犬島精錬所美術館の煙突が綺麗に見える場所も。

f:id:yukurinko:20160820140806j:image

海辺にもアートが点在。いくつ見つけられるでしょうか。

f:id:yukurinko:20160820140424j:image

今まさに、建設中のプロジェクトも。音楽とアートが一緒になるもののようです。

カフェなどの食べる場所は?

この日は、美術館が休館日ということで島内のカフェはお休み。小さな商店が開いているだけでした。休日などは島に訪れる人も多く、カフェも混んでいるようです。

家族連れなどで、小さなお子さんのいる方は、食事、飲み物など持参して、島内の好きな場所でゆっくり食べるのもいいかと思います。(カフェの食事は、ウチの夫には物足りないこともしばしば。。。)

犬島〜宝伝港

f:id:yukurinko:20160820140557j:image

フェリーに乗って岡山に戻ります。犬島発〜宝伝港行きは、13:20、14:00辺りが狙い目(次の便の15:45は美術館休館日は運休です)。ちなみに定期便は片道300円(小学生150円)。80名が定員ですが、多ければ往復してくれるようです。

まとめ

瀬戸内国際芸術祭2016に関する情報です。

▶︎瀬戸内国際芸術祭 2016

▶︎各島々へのアクセス

▶︎3シーズン全ての会場を通して使えるパスポートも

▶︎ベネッセアートサイト直島  90MIN

今回、参考にしたガイドブックはこちら。他の島も行ってみたい!

お出かけするとき参考にするのはこちらのトラコミュ(ブログ村)