ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

あの人が羨ましい!と思ったときは。

スポンサーリンク

ツイッターやフェイスブック、インスタなどのSNSを見ていると「あの人、いいな〜 羨ましいなあ〜」って思うことありませんか?

わたしもね、いっぱいあります!

子どもがいるのに軽々と遠出している人、ママなのにおしゃれな人、子どもを両親などに預けて旦那さんとごはん食べにいってる人、いろいろあります。

で、前は、こんな風に思ってしまうことを、ダメだって思っていたんです。

あんな風になれないわたしにバツをつけてみたり、比べてしまう自分にバツをつけてみたり、現実に感謝できてないことにバツをつけてみたり、まあいろいろとやっていました(笑)

今は、そんな風に思ったときにどうしたらいいかが分ったので、そのことを書きますね。

f:id:yukurinko:20171126222047j:image

とりあえず並べるよ!

 

HAPPYさんの動画

最近、HAPPYさんの動画をちょくちょく見ています。


【Happyちゃん】世界は自分で創る Part 1【ハッピーちゃん】

この方から学ぶことがたくさんあって、楽しいです。今日はその動画の中で、羨ましいと思った感情をどう扱うかを教えてくれていたので、シェアします。

土俵が違う

HAPPYちゃんは、世界には自分しかいないんだよって、言っています。最初は??だったんですけど「他の人は全部映像」で、わたしたちはそれを見ているだけなんです。

だから、他の人と自分を比べる必要はないってこと。

その映像に自分も入っちゃうと、人と比べてしまうし、辛くなっちゃうこともあるんだけど、世界は自分しかいないって思ったら、自分でその世界を作っていけばいいんです。

「羨ましい」は情報

で「羨ましい!」と思ったら、それは映像を見て「あの人、羨ましいな〜」って思ったってことだから、あ!自分はそれが欲しいんだ!ということに気づいたということなんです。

そして、ただそれだけということ。

わたしだったら「子どもがいても軽々と遠出してみたい!」「ママだけどおしゃれしたい!」「旦那さんと2人で出かけたい!」ってことに気づいたってこと。

ただただ、その情報を得たってことです。

くっつけない!

その後に、「わたしはお金がないから出来ない」とか「比べちゃう自分はダメだ」とか、そういうのはいらないってことなのです。

そこにいろいろくっつけない。「そうかそうか、自分はこんなことがしてみたいんだ、こんなことが好きなんだ」って気づいたら、一つ自分の好きが見えますよね。

羨ましいと感じたことを情報として取り込む。

これを意識すると、羨ましいなって思うこともなんか楽しくなってきました。

もしよかったら、やってみてくださいね。

来年は本気で自分の周りを好きなものにします!こちらのトラコミュ(ブログ村)も参考に。

▶︎っきり暮らす 

▶︎毎日をつくるもの 

▶︎捨てても、大丈夫だったもの 

▶︎ちょうどいい暮らし 

▶︎ミニマムライフ 

人気の記事はこちら

▶︎2016年買ってよかった!わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎子連れミニマリストの財布事情。イルビゾンテのお財布が使いやすい! 

▶︎肌断食、やめました。肌のお手入はミニマルには出来なかった。

 ▶︎モノを減らしてみて、すっごい得してると思ったこと 

わたしの自己紹介はこちら

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹介