ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

自分だけは自分の味方。どんな気持ちも受け止める。

スポンサーリンク

今日は美味しいお肉を食べる会に行ってきました。週末は、七五三に頼まれたお弁当作り。なんだかバタバタしていた3日間。

今やっとパソコンに向かってほっとしています。

知らない人と会ったあと、慣れないイベントの後、楽しかったけど、疲れた〜ってこと、ありますよね。

今日は、わたしはそれをダメなことと思っていたんだなという話です。

f:id:yukurinko:20171113215852j:image

塊肉をミンチしてからの手作りソーセージ!

楽しいことが続いたら

楽しい会も、週末の家族イベントも大好きです。だけど、家に帰ってくると、楽しかった余韻とともに「はあ〜ちょっと疲れちゃったな」って気分にもなる。

だって、慣れないことだし、知らない人とも会う。それなりに気も使うし、ドキドキもする。

だけど、小さい頃「遊びに行ってきたのに『疲れた〜』はないでしょ。」って母親によく言われていたなって思い出した。

そう、わたしは、遊びに行ったら疲れちゃいけないって、思い込んでたんだ。

疲れていることを認める

でも、遊んできたって、楽しかったって、疲れることもある

そんな自分を「遊んできたのに疲れたとは何事だ!」と責めていたのは自分自身。そして、やっぱりわたしは、楽しいとこに行っちゃいけないんだとか、イベントごとは控えめにしようとか、家で大人しくしてるのが似合ってるんだとか、思っちゃったり。

自分によしよし

「楽しかったよね〜でも、疲れたよね〜。また行きたいけど、今はゆっくりしたいよね〜家での時間もいいよね〜」って認めてあげること。それがすごく大事だなって。

自分のそのままの気持ちを受け止めてあげること。自分はいつでも自分の味方。

一人の時間の今、どちらの時間もわたしにはかけがえのないものだと、どっちも大事にしたいなと思っています。

お出かけから帰ってきて、部屋が片付いていると嬉しい。そうなりたい。こちらのトラコミュ(ブログ村)も参考に。

▶︎っきり暮らす 

▶︎毎日をつくるもの 

▶︎捨てても、大丈夫だったもの 

▶︎ちょうどいい暮らし 

▶︎ミニマムライフ 

人気の記事はこちら

▶︎2016年買ってよかった!わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎子連れミニマリストの財布事情。イルビゾンテのお財布が使いやすい! 

▶︎肌断食、やめました。肌のお手入はミニマルには出来なかった。

▶︎モノを減らしてみて、すっごい得してると思ったこと 

わたしの自己紹介はこちら

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹かい