ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

「えー!でも…!」の後に続く言葉が大切だと思う♡、なので、やってみました②

スポンサーリンク

昨日の記事の続きです。

▶︎「えー!でも…!」の後に続く言葉が大切だと思う♡、なので、やってみました① 

「自由」の設定を「自由=息をしていること」にしてしまった結果、「不自由なわたし」というのが存在しなくなってしまって、それってすごく、望んでいたことだったのに、「そんなのイヤ!!」って思ってる自分を発見してしまったという話でした。

 

それで、どうして「わたしは不自由だ」と思う必要があったかというと

・不自由なわたしは大事にしてもらえる

・不自由なわたしは愛される

って思ってたからだーーーーと気づいて。

で、これってわたしの設定なんですよね。

自分の子どもについて考えてみると、すごく分かりやすいのですが、

不自由そうだから大事にしている?

不自由そうだから愛している?

答えは、もちろんノー。

◯◯だから愛してるとか、大事にしたいとかそういうものじゃない。

わたしにとって大事な人、以上。みたいな感じかなあと。

f:id:yukurinko:20180918221243j:image

2才になりました。クマ作ってあげたのだ。

 

だとすると、わたしも別に不自由だから愛されてたわけでもないし、不自由だから大事にされてたわけでもない。もうほんと、ただの思い込み。でも、自分ではすっっごくこの設定を大事にしてたなーって、感じがあって。手放せない感じがしたんです。

 

でも、ノートに書いてみて、眺めてみると、これを大事にしてたのか、そうかそうか、でももういらないかも、いらないよね。うん、もういいや、みたいな感じになってきていて。

たぶん、頭の中だけで考えてたら、グルグルぐるぐる、答えが見えなかったと思う。

(ノートに)出して、見て、確認したら、手放したら怖いと思っていたものが、そんなに怖くなくて、手放せそうな気がする。そんな気がしました。

 

それで、じゃあこの設定どんな風に変えたらいいのかなあと思っていて。

 

自由なわたしは愛される

自由なわたしは大事にされる

自由=息をしていること

 

なら

 

息をしているわたしは愛される

息をしているわたしは大事にされる

 

ということになる!!!

 

うーん、とりあえずこれでいってみたいと思います。

 

それから、設定変更の話、面白いので、これからもっと書いていこうと思います。 

そして、設定変更のことは藤本さきこさんのこちら本をどうぞ。