読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

わたしが部屋着を検討しているわけ

スポンサーリンク

部屋着は持たない生活をしてきましたが、いよいよ部屋着が必要になってきたような、気がしています。今日はその理由についてです。

子どもがいたら汚れる

わたしには、7か月になる子どもがいます。この子がなかなかのアトピっ子。子どものアトピーって顔に出るんですよね〜

抱っこしていると、わたしの服に顔をスリスリ。スリスリ。スリスリ。。。。気づけばわたしの服は、胸の辺りが大抵汚れているのです。

冬場は、カーディガンやベストでこの汚れも隠せたんですが、夏場はそうもいかなくなってきて。ここ1週間くらい本当に困ってきました。

昨日も参観日でしたが、行く前に着替えて、帰ってきてから着替えて。結局、家では汚されてもいい服を着ているということになっているのでした。

部屋着を含めた計画

で、部屋着です。もう、そうやって出かけるのに合わせて着替えるくらいなら、部屋着を導入してもいいのかなあと。

今考えているのは、3パターン。

・子どもを抱っこしない前提のお出かけ着

・子どもを抱っこする前提のお出かけ着(工夫が必要)

・部屋着

(ちなみにお出かけ着とは、幼稚園のお迎えに行ける、そこそこキレイくらいのもの)

あとは、割烹着を、部屋着の代わりに上に着るのもありかなと。エプロンは、ちょっと覆うスペースが少ないのです。

無印を検索したら全て売り切れ!これもかわいいです。

譲れないこと

でも、でも、やっぱり譲れないのは、自分が着ていてテンションがあがるもの、気持ちのいいものを着たいという思い。

「どうせ汚されるから〜」って適当なものは絶対に買いたくない。(授乳服もだからほとんど買っていない笑)わたしのストライクゾーンが狭いのが一番のネックなのでした。

方針が決まったらまた報告します!

こちらのトラコミュ(ブログ村)も参考にします!

▶︎シンプル・ミニマルライフのファッション

▶︎少数精鋭で着回すコーディネート 

▶︎ちょうどいい暮らし 

▶︎ミニマムライフ 

▶︎捨てても、大丈夫だったもの

人気の記事はこちら

▶︎2016年買ってよかった!わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎子連れミニマリストの財布事情。イルビゾンテのお財布が使いやすい! 

▶︎【宇津木式】でスキンケアのミニマル化。肌トラブルも減って素肌もきれいに。

わたしの自己紹介はこちら

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹介