読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

そのひと口、本当に必要?自分をゴミ箱代わりにしない食べ方。

スポンサーリンク

次女は、私から見ると好き嫌いが多い。

大根、カブ、白菜などの白い野菜を煮たもの(生の漬物などは好き)や青菜はほとんど食べないし、人参やごぼうも日によって食べたり、食べなかったりする。

味噌汁も、毎朝、好きな具材だけ食べてあとはキレイに残している。

「ごはん、たくさんおかわり!」と言われて、大盛りにしても、やっぱり気分が変わったのか、大量のご飯を残して「ごちそうさまー」と平気で席を立つこともしょっちゅう。

f:id:yukurinko:20170211132922j:image

子どもの身体は素直なのかも

ずっと、「出されたものは全部食べなくてはいけない」と思い込んできたわたしにとって、彼女の行動は、はっきりいって最初はものすごく不愉快だったし、「残さず食べさせなくちゃ」と頑張ってみた時期もある。

だけど、そんな努力も虚しく、日々敗北しているうちに、そもそも、子どもの身体の方がずっと素直で、そのときに食べたいもの、食べたい量が分かっているんじゃないかという気がしてきた。 

わたしは頭で食べている

逆にわたしは、彼女の残した味噌汁の具や、ご飯を「もったいないから」という理由だけで、自分の口に入れている。

f:id:yukurinko:20170211132949j:image

実は、もう食べたくもないのに、食べている。

極端にいえば、自分の胃袋をゴミ箱代わりにしているのかもしれない。

f:id:yukurinko:20170211133030j:image

自分を大事にする

それに、「あと一口、もうお腹いっぱいなんだけど。」と思いながら食べちゃうことの方が多い。

そう思うと、子どもの方がずっと自分を大事にしていて、わたしは自分を大事にしていないんだなと思った。

気づきながらも、今朝も娘の残した味噌汁の具材を食べていたわたし。毎日、3回の食事、ちゃんと自分の身体に聞いて、答えを出していきたいなと思います。

 

人気の記事はこちら

▶︎2016年買ってよかった!わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎育児に迷っているあなたにおすすめしたい。【厳選の育児本】8冊。

▶︎子連れミニマリストの財布事情。イルビゾンテのお財布が使いやすい! 

▶︎【宇津木式】でスキンケアのミニマル化。肌トラブルも減って素肌もきれいに。

わたしの自己紹介はこちら

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹介