ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

幸せの形を限定しない。◯◯になれたら幸せなのではない。

スポンサーリンク

七夕に書いた短冊。わたしは「フィンランドに家族で行っています」と書きました。

ちょうど夫がツールドフランス(自転車のロードレース)を見ていて、海外に家族で行くなんて考えもしなかったけど、なんとなく行ってみたいなと思ったから。

で、そのときに浮かんできた光景が、行きの飛行機の中で、子どもたちがわちゃわちゃしてる姿。「もぅーちゃんとご飯食べてよ!」と言ってるわたしとか、「まだ着かないの〜」とかつまんなそうに言ってる長女。その横でぼーと本を読んでる夫。

幸せな姿って?

その光景を想像したとき、なんかすごい不思議な気がしたんですよね。だって「うゎーい、やっと行けたー」って思った旅行の姿が、なんかバタバタしてるっていうか、もっとゆったりのんびりしてるもんじゃないの?って。

だけど、わたしが想像した「願いが叶った幸せな姿」は、なんかわちゃわちゃしてる家族の姿だったんです。

f:id:yukurinko:20160709060617j:plain

今の状況で幸せなんじゃない?

ということは、今のこの現実。

子どもにイライラと文句を言っちゃったり、朝から夫に愚痴ってみたり、それでも子どもが可愛くて夕方にはご機嫌になっちゃったり(単純)、このわたしの、ごく普通の、当たり前の現実が、幸せなのではないだろうか、ということに、気づいてしまったんです。

でもね、いやいや、そんなはずはないって何回も疑ってみたんですけど、でもそうだよ〜っていうメッセージ?みたいに、SNSでそういう投稿が目に入ってくるんです笑。

◯◯になれたら幸せなのではない。

わたしは「いつもニコニコ笑って、常に穏やかで、子どもにも常に優しくて、夫にも優しくて」っていうのを幸せだと思っていたんです。

つまり、〇〇になれたら、〇〇が手に入ったら、幸せになれると思っていました。

でもこれだと、そうでないときは幸せじゃないし、いつまでも高い高い理想を追い求めて、苦しくなっていっちゃうのかも。

今、まだわたしの中ではぐるぐるしていますが、今のわたしは、もしかして、もう十分に幸せなんじゃないだろうか?なんかそんなことを感じています。

幸せの形を限定しなければ、今すぐにでも幸せになれる。参考になるトラコミュ(ブログ村)はこちら。

▶︎っきり暮らす 

▶︎毎日をつくるもの 

▶︎捨てても、大丈夫だったもの 

▶︎ちょうどいい暮らし 

▶︎ミニマムライフ 

人気の記事はこちら

▶︎2016年買ってよかった!わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎子連れミニマリストの財布事情。イルビゾンテのお財布が使いやすい! 

▶︎【日焼け止め】HANAオーガニックを試してみました! 

わたしの自己紹介はこちら

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹介