ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

「何かができない、苦手だ」ということもすごく大事なことなのだと思う。

スポンサーリンク

わが家の長女、算数が苦手です。苦手意識がずっとあるから、算数は嫌いじゃないけど、好きでもないっていう位置づけみたい。

この間も、10倍、1/10っていうのが出てきて、ちょっとつまずいていた。

でもわたし、実は算数が得意で、というより、小学校の勉強なんて、全然大変じゃなくて、楽しくて仕方がなかったので、困ってしまったんです。

得意だったからこそ

自分が小学校時代、ほとんど勉強で悩んだことがないので、子どもが困っていても、なんで困っているのか、どこが分からないのか、わかんない

だから、上手に教えることができないし、「なんで分かんないのよー(逆切れ)」ってなっちゃう(最悪)。

f:id:yukurinko:20161220171631j:plain

最近子どもに怒られることが多くって。なんか嬉しい♡

できないからこそ

苦手だったりできなかったら、その気持ちにもっと寄り添ってあげることができるし「そうだよね〜」って共感してあげることもできたのにな。

得意で、全く困っていなかったからこそ、そうなってしまうなって思ったのです。

苦手もできないも、大事なこと

そう思うと、何かができないとか、苦手とかって、もしかしたら、それさえも大事な要素なのかなって。

苦手だからこそ、できない人の気持ちも分かるし、そこを乗り越えたのか、避けたのか、やめたのか、そういう体験だって話してあげることができる。

だから、何か今、大人になって苦手なことやできないことがあるっていうことも、すごく大事なことなのかもしれないなって、子どもを見ていて思いました。

生活をスッキリさせると子どもとの時間もとれるよね。子どもと過ごす夏休みこそチャンスかもしれません。参考になるトラコミュ(ブログ村)はこちら。

▶︎っきり暮らす 

▶︎毎日をつくるもの 

▶︎捨てても、大丈夫だったもの 

▶︎ちょうどいい暮らし 

▶︎ミニマムライフ 

人気の記事はこちら

▶︎2016年買ってよかった!わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎子連れミニマリストの財布事情。イルビゾンテのお財布が使いやすい! 

▶︎【日焼け止め】HANAオーガニックを試してみました! 

わたしの自己紹介はこちら

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹介