暮らしラボゆくり

3人姉妹の母。暮らしを簡単、楽しく、Happyにするモノ、コト、ヒントを書いています。暮らすことは実験と同じ。こうしたらどうかな?を試してよりよい暮らしを目指しています。

おやつ抜きダイエットはできない。だからこそ食べたいおすすめおやつ。

スポンサーリンク

三女を出産後、体重が戻らない(むしろ増えてしまった汗)ゆくりです。

子どもがいると15時はおやつの時間。我慢すればいいんですが、一緒に食べたくなっちゃうんですよね〜

おやつといえば「甘いもの」ってずっと思い込んでいたんですが、もしかして甘いものじゃなくてもいいのかもしれません。

甘いものって、食べたらほっとするし、大好きです。でも、最近ダイエットや栄養のことを考えて、おやつの内容を見直しています。

大切にしているポイントは、タンパク質がとれること、カロリーが低いこと、シンプルなことです。

ダイエット中のおやつはやめない

ダイエットと言えば「カロリーを減らす=食事量を減らす」or「カロリーを消費する=運動する」をすればいいとずっと思っていました。もちろん間違いではないです。

だから、朝食を抜いてみたり。夕食を減らしてみたり(なのにおやつはやめられないって言う矛盾!!)

でも、本やネットで調べるうちに「いつもしていることを変える」というのは、脳にとってすごくストレスがあるということが分かりました。

だから、いつも食べていたおやつをやめるってすごいストレスなんです。我慢しようと思うから、気になって気になって、結局我慢ができなくて食べてしまう。そして罪悪感だけが残るという負のループ。

だからおやつはやめないことにしました。その代わりにおやつの中身を変えていく。それが一歩目だと思ったんです。

おやつが食べたくなる気持ちを分析

午後3時って、お昼終わってから作業してちょっとほっと一息つきたくなる時間。子どもも学校から帰ってきて、なんだかわたしも気が緩む。

そこで、その状態をよくよく感じてみると、お腹がすごい減った!!とかではない。でも「なんかちょっと欲しいなー」みたいな感じ。

だから、ここで「ザ・おやつ」食べる必要はないということに気づきました。お茶とちょっとつまめるもので一息つければいいんです。

大事なのは、ちゃんとお茶を淹れて、お皿に盛って食べること。台所での立ち食べは全然食べた気がしません!(よくやるけどさ、、、)

そんなとき罪悪感なく食べられるもの。これから紹介します。

ダイエット中のおすすめおやつ

おしゃぶりするめ

おやつ=甘いもの、を脱するために、取り入れたのがあたりめ。

そう、乾燥したイカです。

f:id:yukurinko:20171107210816j:image

原材料 イカ!シンプル!

このお店のするめいかは食塩も無添加!

するめいかって当たり前ですが、噛まないと食べられないんですよね。噛むのが苦手なうちの子どもにもピッタリ。

 f:id:yukurinko:20171107210752j:image

そして、わたし自身も噛むのが苦手なので、子どもと一緒にかみかみ、かみかみ。じんわり口の中に広がる美味しさを味わっています。わたしの場合2本くらい食べるともう満足って感じです。

アーモンド

ナッツ類は糖質が少なく、脂質が豊富です。アーモンドは50%が脂質(ちなみにカシューナッツなどはもっと多いです)。だからもちろん食べ過ぎはいけません。

でも、お菓子などに含まれる脂質よりずっと上質だし、そもそもたくさんは食べられません。

ちなみにカロリーは1粒あたり6〜7kcal。多いと思うか少ないと思うか人それぞれですが、5粒で30kcal前後。ちょっと食べるにはよい感じと思っています。

 

こちらのお店のアーモンドをリピート買いしてます。味が濃くておいしいです♡メール便で送料無料なのも嬉しい。

ゆで卵

「卵はコレステロール値が高いので1日1個まで」といわれていた時代もありましたが、今はいくつ食べてもよいと言われています(2015年に厚生労働省がコレステロール値の摂取目標をなくしました)。

卵料理の中でもゆで卵が一番シンプルで、朝ご飯に、お弁当に、おやつに、夕ご飯のサラダにとても役に立ちます。まとめて茹でておくのがおすすめ。

また1個食べたときの満足度も高いです。

わたしは塩や梅酢で食べますが(梅酢かなりおすすめ!!)、子ども達はマヨネーズをつけたり(カロリー気にしなくて羨ましい〜)しています。

ちなみにゆで卵は1個あたり80kcalです。

松田のマヨネーズはシンプルな素材で作られていて、わが家の定番です。

ダークチョコレート

おつまみっぽいのが並んでたので、そろそろ甘いものを(笑)。

ダークチョコレートです。これは子どもというより大人向け。できるだけカカオが高いものを選びます。

70%、80%、88%、92%、99%いろいろ出てますよね。毎回違うものを試していますが、今は70%以下はチョコじゃない感じがしています。

カカオ分が多いほど濃厚で少ない量でもういいかなって感じ。今は80〜88%くらいが好きです♡

チョコレートのカカオにはポリフェノールがたっぷり含まれています。ポリフェノールって何がいいの?というと、抗酸化作用といって、つまり酸に対抗する力があるってこと。人間は生きてるだけで酸化していくもの、それがつまり老化です。ポリフェノールで酸化を食い止めることで、美容や、老化に効果的なんです。

300g 1100円(税込 送料別)

このチョコレートは製菓用なんですが、1粒が小さくて、本当にちょーっと食べるのにおすすめ!(うちの夫は2〜3粒を口に放り込むけど、もっと味わって!って思う)

板チョコのひとかけらを食べるより少なくすむのもいいなと思ってます。オーガニックフェアトレードであることも購入理由になっています。

 

果物

本によって、食べた方がいい!と言っている人と、食べなくてもいい!って言っている人と色々いますよね。果糖がたっぷりで、よくないとか。

でも、わたしは食べる派です。だって、水分たっぷり、少しで満足度が高い。

ビタミンも取れるし、自然に近い形のものは人間がとっていいものだと思います。

カロリーが高めのバナナとかよりは、イチゴ、リンゴ、柑橘類がおすすめです。

おやつを食べ過ぎてしまうときに見直したいこと

たまには羽目を外すことも許そう

f:id:yukurinko:20171107210853j:image

たまには粉ものも許そう♡