読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマルライフと暮らしごと

ミニマリストを目指す子育て主婦の毎日をつづります。

ミニマリストでほんとによかった!体調不良になって分かったミニマル生活3つのメリット。

スポンサーリンク

数日前から体調を崩し、寝込んでいました。やっと今日の午後から日常に戻ってきたところ。今日は、体調不良の間に感じた、ミニマル生活をしてきたことの3つのメリットを書きたいと思います。

f:id:yukurinko:20160701152947j:plain

お見舞いにとアジサイをいただきました。

 

 部屋がきれいだと精神的にとても楽

体調不良になると、パソコンに触ることが辛くなります。それはたくさの情報に心や身体がついていけないから。こんなとき、部屋が片付いていなかったら。。。身体は休みたいのに目に入ってくるのは、ごちゃごちゃした空間。多分精神的により疲れてしまうと思います。

子どもがいて多少はごちゃっとするところもありますが、それでも最小限で済むのは、元々の普段からモノを減らしてきたから。安眠できる空間、大事です。

【公開】小さく、低く、茶室のように。何もないミニマリストの寝室。 - ミニマルライフと暮らしごと

【公開】子どものおもちゃはカゴ1個に。おもちゃを減らすコツとは? - ミニマルライフと暮らしごと

モノの置き場が決まっていると家族が楽

モノが少なくなり、モノの置き場がほぼ決まるようになりました。このような状態だと家族に頼みごとをしてもとてもスムーズ

長女は日常のほとんどのものの置き場を分かっているので、「体温計とってきて。コレとコレはあそこにしまって、アレはこっちで〜」で口で言うだけでことが足ります。次女もパンツ、パジャマ、自分の服は自分で出し入れできます。少しのことだけど、動かずに頼めるのは本当に楽。動けなくなって初めてそのよさに気づきました。

普段の食事がミニマルだと楽

わたしは料理好きですが、わが家は普段の食事は割と質素です。夕食で一汁二菜にご飯。朝食はご飯+味噌汁に梅干し、ゆかり、のり、佃煮などで、卵焼きや焼き魚などをわざわざ作ったりすることはありません。

今回、「悪いけど、今日のご飯はこれだけ。好きなもの乗せて食べてね」と言って冷蔵庫からあるものを出して、並べただけの食事もありましたが、普段からそういう食事に慣れている子どもたちは、特に不満ということもなく、無事に乗り切ることができました。

さらに楽になるために

今回、モノの置き場を決めておくだけでも随分楽さを感じましたが、自分がいなくて家事が回ったらもっと楽。家事のミニマル化ももう少し進めておきたいと感じました。また今後、家事のミニマル化について、書きたいと思います。 

ミニマルライフの実践にはこちらのトラコミュ(ブログ村)もヒントが。

すっきり暮らす ブログテーマ - ライフスタイルブログ村

時短家事の工夫 ブログテーマ - ライフスタイルブログ村

ミニマリストな生活 & シンプルライフ ブログテーマ - ライフスタイルブログ村