ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

それ、本当に今、決めなきゃいけないことなのかな。悩みと向き合ってみたよ。

スポンサーリンク

先日の2つの記事。

▶︎夫コンサルのススメ。一番身近な人に理解してもらうこと。

▶︎一番大事にしたいものを一番にする。夫コンサルで気づいた気持ち。

わたしは、子どもを預けてお仕事をバリバリ頑張るお母さんにも、子どもとガッツリ向き合って子育てするお母さんにもなれなくて、正直、どうしたらいいのか分からなくなっていました。

でも、ある決断をしたおかげで、ずいぶんと楽になれたのです。今日はその決断についてお話します。

決めたら楽になる

上記の悩みについて、夫と話す中で自分から出てきた言葉「どうしたらいいか、決められたら楽なんだけどね。

そう、大抵の悩みって「こうしたいけど、できない」ってことがすごく多くないですか??

悩みの最中って、どっちかに決められたら楽なのに、進んでいけるのにって思っています。だからね、わたしは、決めたんです。

f:id:yukurinko:20170620141930j:image

この時期の梅仕事は匂いに癒されます。

「決めなくていいと」決める

そう、わたしの悩みは「どちらのお母さんにもなれない」ということ。子どもたちは1年ごとにどんどん成長して、わたしの状況はどんどん変わっていく。

だから、そういう変化の中で、状況を見ながら、その時その時の気持ちを優先して、いくしかない。来年にはバリバリ働くお母さんになってるかもしれないし、がっつり子どもと向き合ってるかもしれない、

それは、今決めなくていいんじゃないか。だからわたしは「今は決めなくていいってこと」を決めたのです。

保留という選択肢

「決めなくていいと」決めるってことは、つまり悩みを保留にするってこと。

実はわたしにとって悩みを保留するって勇気のいることでした。

だって、すっきりしたいじゃないですか。保留するってことは、問題をそのままにするってことだし、全然解決できていない。

でもね、問題を保留にしてみたら、別に今すぐ解決しなくてもいいんだなって、素直に思えたんです。そして、保留という選択肢が増えたことが、逆になんだか嬉しくて。

だから、もし、モヤモヤした問題を抱えている人がいたら、考えてみてほしい。その問題、保留にしても大丈夫じゃないかってこと。

 

悩んでいる最中はすごくモヤモヤして大変です。だけど、少し光が見えてきたときの気持ちよさ。生活もそういうところがあると思う。参考になるトラコミュ(ブログ村)はこちら。

▶︎っきり暮らす 

▶︎毎日をつくるもの 

▶︎捨てても、大丈夫だったもの 

▶︎ちょうどいい暮らし 

▶︎ミニマムライフ 

人気の記事はこちら

▶︎2016年買ってよかった!わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎子連れミニマリストの財布事情。イルビゾンテのお財布が使いやすい! 

▶︎【宇津木式】でスキンケアのミニマル化。肌トラブルも減って素肌もきれいに。

わたしの自己紹介はこちら

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹介