読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

シャツは真っ白がいい。お気に入りは煮洗いですっきり白く保つ。

スポンサーリンク

お気に入りの白いシャツ。着ているうちにだんだん黄色っぽくなってきます。そんな時、綿の丈夫な素材であれば煮洗いで真っ白に。今日は布巾を真っ白にするにも便利な煮洗いの紹介です。
f:id:yukurinko:20160423220205j:image

 参考にしているのはこちら。
漫画家でエコロジストの赤星たみこさんのページです。

用意するもの

・真っ白にしたいもの
・ステンレスか琺瑯のお鍋。(わたしはたらいです)
・粉石けん・・・大さじ1(水6リットルくらいに対して)
・酸素系漂白剤・・・大さじ1(水6リットルくらいに対して)

煮洗いのやり方

①火にかけられるステンレスか琺瑯の鍋やたらいに水と粉石けんを入れ、溶かす。
②火にかけてあたたかくなってきたら煮洗いしたいものを入れる。
③酸素系漂白剤をパラパラと振り入れかき混ぜる。
④泡がぶくぶくしてきたら火を止め、冷めるまで待つ。
⑤冷めたら水ですすいで出来上がり。

以前は、グツグツ20分ほど煮る方法でしていましたが、今はこのやり方で十分白くなっています。酸素系漂白剤は50度くらいが一番効果が出るそうで、そのせいかもしれません。ぐつぐつ煮なくていいし、終わって冷めるまで放置しておけばよいのでとても楽になりました。

ポイント

・漂白剤は酸素系と書かれたものを使ってください。生地のいたみが違うそうです。
・色物は一緒に入れないように。(当たり前ですが、以前うっかり入れて布巾がピンク色になったことがあります)
・粉石けんと酸素系漂白剤の分量は大体で大丈夫です。

意外と簡単にできる煮洗い。布巾もちょっと汚れてきたら煮洗いをすると真っ白になり、また気持ちよく使えますよね。なんか台所が冴えないな〜というときも布巾の煮洗いおすすめです。