ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

小さな幸せを積み重ねていく。子どもがかわいい服を着ていると嬉しい。

スポンサーリンク

なんでもないことのようだけど、日常の中で目に入る、ちょっとした風景が好きなものだと嬉しい。

例えば、子どもが着ている服が、なんかわたしの好きな感じだと(本人が服を選ぶのだが)それだけで嬉しくなってしまう。

長女はあまり「服が欲しい!」とか言ってくるタイプではなくて、こっちが気にかけないと、小さくなった服を着ていたり、休みの度に同じような格好をしていたりする(わたしに気を使ってというのも、もちろんある)。

それで、先日、ちょっとユニクロに行ったとき、買ったんです。長女の服を。

そしたらね、わたしの毎日がなんかすごい楽しいものになって、こういう小さなことって大事なんだなって、思ったのです。

可愛いものを着る

買ったのは1500円くらいのベスト。

お店で「フリースが欲しいなー」って長女に何気なく言われ「これの色は◯◯ちゃんが着てて、こっちの色は◯◯ちゃんが着ててー」とのこと。

「で、あんたはどの色にするの?」って聞いたら「うーん」って考え込んでて。

で、ちょっと横を見たら、ふわふわのベストがかかってたので「こっちはどう?」って聞いたら「いいよ♡」とのこと。

絶対ベストの方が似合うんです。うちの長女は。

見てると嬉しい

それを着てる長女が、また嬉しそうで。

そして、似合ってるしかわいいんだな、これが(親ばかですみません)。

 f:id:yukurinko:20180109223616j:image

お姉ちゃんの写真撮りたいのにすぐ入ってくる次女。顔隠してー

日常が楽しくワンランク上がる

去年の終わりくらいに「わたしは美しいものが好き」ということを認めたんです。

そして「目に入るものは美しいものにする」と決めました。

そのひとつに「子どもにかわいい服を着せる」というのがあって、それをしてみたら、すごーく、すごーく、幸せでびっくりしています。

たった1500円なんだけどね。全然違ってて。

些細なことなんだけど、目に入る風景を少しずつ変えていく。こういうことを大事にしていこうって、改めて思いました。

幸せを積み重ねるために。こちらのトラコミュ(ブログ村)も参考に。

▶︎っきり暮らす 

▶︎毎日をつくるもの 

▶︎捨てても、大丈夫だったもの 

▶︎ちょうどいい暮らし 

▶︎ミニマムライフ 

人気の記事はこちら

▶︎2016年買ってよかった!わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎子連れミニマリストの財布事情。イルビゾンテのお財布が使いやすい! 

▶︎肌断食、やめました。肌のお手入はミニマルには出来なかった。

▶︎モノを減らしてみて、すっごい得してると思ったこと 

わたしの自己紹介はこちら

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹介