ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

「やらなきゃいけないこと」より「やりたいこと」を優先してみたら、、、

スポンサーリンク

日曜日、朝から夫が長女と次女を連れてスポーツ少年団に行きました。

残された三女とわたし。三女は早起きだったこともあり、午前9時にはお昼寝に入ってしまいました。

久しぶりの一人の時間!!気持ちのいい風は吹いて爽やかな朝。でも、朝ご飯の食器はまだ洗っていないし、洗濯物は回したけど干していない。昼ご飯の準備もできていない(いつも朝のうちにしてしまいます)。うーん、朝家事が溜まってる。。。

①家事が終わってから、自分の時間と思う

②まずは自分の時間を楽しむ

あなたならどうしますか?

普段のわたしなら

「まずは、片づけなくちゃ!」と洗い物をし、洗濯物を干しているはず。でも、その日は、こんな気持ちのいい時間にそんなことしたい??と自分に聞いてみました。

もちろん答えはNO。

そこで、思い切って読みたかった本を読み、ゴロンと横になってしばし昼寝。そのあと、気になったことをノートに書いて、自分ひとりの時間を思う存分満喫。

その後、さくさくと後片付けをして洗濯物を干し、昼ご飯の準備をしかけたところで、三女が目覚めました。

f:id:yukurinko:20170903135822j:image

三女が起きたらどう思うか?

もし、家事を先にして、三女が起きてきたら、きっとわたしは「日曜日だって、やっぱり主婦に休みはないんだなあ。。夫はいいよな、子どもたちを連れて遊びに行ってさ。」と思ったに違いありません。

気持ちのよい時間に好きなことをすると選ばなかったのは自分なのに、人のせいにして、夫を恨んでいたな(笑)と簡単に想像できます。

感謝が溢れてきたよ

 f:id:yukurinko:20170903135922j:image

逆に、先に好きなことをしてみたら、充実した時間だなぁ〜♡と幸せな気持ちになる。

そして、子どもを連れて行ってくれた夫にも、朝から出かけてくれた子どもたちにも、寝てくれてる三女にも感謝の気持ちが溢れてくる。

感謝の気持ちって、好きなことをしてたら自然に出てくるのかなあって。そんなことを日曜日の朝から感じました。

簡単なことから

すごい単純だし、たまたまといえば、そうかもしれないけど、好きなことを優先させるって、こういう簡単なことからかもなって。

仕事を辞めるとか、家事をしないとか(家事代行も憧れるけど)、そういう大きなステップをいきなり踏むんじゃなくて、自分が今できる範囲で、ちゃんと自分の願いを叶えてあげること。

好きなことを先にさせてあげる。自分に許可していきたいなと思います。

好きなことだけしていくのに必要なのは勇気なんだよなあ。。。

ということで、お茶会まだ募集していますー

▶︎【募集中】ゆくりとゆっくりお茶会を開催します!(スカイプ締切りました) 

好きなものだけ自分の周りに置いていく。こちらのトラコミュ(ブログ村)も参考になります。

ミニマムライフ 

すっきり暮らす 

捨てても、大丈夫だったもの。 

毎日をつくるもの 

ちょうどいい暮らし 

人気の記事はこちら

▶︎2016年買ってよかった!わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎子連れミニマリストの財布事情。イルビゾンテのお財布が使いやすい! 

わたしの自己紹介はこちら

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹介