ミニマルライフと暮らしごと

3人姉妹の母。ミニマルな生活とその中で気づいたことを綴ります。

「ある」を見ると世界は違って見えるんだ。

スポンサーリンク

3連休、みなさんはいかがでしたか?

わたしは、長女の試合の手伝い&応援に行き、家でのんびりし、パンを買いに行き、そして、毎食ご飯をつくり、それで終わりました。やりたかったミシンはできませんでした。

でね、夫は3連休、長女の試合のコーチをし、ソフトボールをし、ランニングをし、飲み会に行っていたんです。

以前のわたしは、こんないろんな自分のことをして充実している夫が羨ましかった。わたしはいつも通りご飯をつくり、子どもの面倒を見て、終わっていく休日がたまらなく空しかった。

f:id:yukurinko:20170429164236j:plain

でも、この3連休をお風呂で振り返りながら、なんていうか充実していたな〜って、すごく満足していました。

以前と中身は変わらないのに、なんでこんなに違うんだろうって。

それは「ある」を見られるように少しずつなってきたからかも、って思ったんです。

例えば休日疲れてたくさん寝て、何もできなかったって思うこともできるけど、「いっぱい寝れた」という事実がそこには「ある」。

なにもしていなかった時間など一つもなくて、何かはしていて、それを「自分が選んでいる」という気持ちがあるかどうか、そこなのかなと。

休日に朝ごはん作って、後片付けして、少し掃除して、夫がしてくれた洗濯の残りをして、子どもの相手をして終わってしまう休日の午前中を恨めしく(笑)思っていたけれど、今はこんなに贅沢に時間を使わせてもらって、嬉しいなって思ったりもします。

これ、事実全く変わってないけど、すごく違う。もう180度違う。

もちろん、そうは思えないときもあるし、一人の時間ちょーだい!って思うときもある。でも、でも、なんかわたし数ヶ月前には味わえなかった気持ちを、今味わっているかもって、思っています。

暮らしのことはこちらこちらのトラコミュ(ブログ村)も。

▶︎っきり暮らす 

▶︎毎日をつくるもの 

▶︎捨てても、大丈夫だったもの 

▶︎ちょうどいい暮らし 

▶︎ミニマムライフ 

人気の記事はこちら

▶︎2016年買ってよかった!わたしの生活を豊かにしてくれた3つのもの 

▶︎子連れミニマリストの財布事情。イルビゾンテのお財布が使いやすい! 

▶︎肌断食、やめました。肌のお手入はミニマルには出来なかった。

▶︎モノを減らしてみて、すっごい得してると思ったこと 

わたしの自己紹介はこちら

▶︎100記事達成。あらためまして自己紹介